賃貸物件Q&A

A社が管理している物件は、A社からでしか借りれないの?

仲介物件の場合、A社が管理している物件をB社からも借りれます。不動産会社は、お互いに情報を共有しています。

火災保険に入らないといけないの?

はい。万一、火災や水漏れなどになってしまった時、保険に入っていなければ全額自己負担になってしまいます。

気に入ったお部屋の内覧には費用はかかる?

いいえ、費用はいっさいかかりません。何度見ていただいても無料です。

未成年でも一人暮らしはできる?

親の同意書があれば借りることはできますが、親御様に契約者になって頂く場合もございます。

お部屋探しはいつ始めれば良いの?

ご入居希望時期の約1ヶ月前がベストです。 ただし、新築限定でお探しの場合は、3~4ヶ月前からでも良いでしょう。 また、お申込からお引渡しまでは、最低でも1週間程みておきましょう。

契約時に掛かる費用の内訳を教えて下さい。

一般的に以下の費用が必要となります。
前家賃1ヶ月分(月途中からのご契約は当月日割分と翌月分が請求されます。 )
●敷金(退去時のクリーニング費用や補修費用としてお預かりします。必要分を差し引いて、あまった分は返金されます。 )
●礼金(家主様への謝礼金です。こちらは返金されません。 )
●火災保険料(万が一に備えて、必ずご加入頂いております。 )
●仲介手数料(不動産業者へ支払う手数料です。 )
●保証料(保証会社へ加入の場合、支払いが必要となります。 )
●その他、鍵交換費やトラブルサポートの加入費、除菌消臭処理費用などの費用もございます。

「フリーレント」って何ですか?

フリーレントとは、入居後の1ヶ月から3ヶ月程度の家賃を無料とする契約形態です。ただし、ご注意といたしましてはフリーレントを利用される場合、一定期間内の解約に対して違約金や、フリーレント期間相当分の賃料支払いなどを求める条項が契約内容に盛り込まれることが多いです。契約内容はよく確認しましょう。

南向きって何がいいの?

南向きは日当りがよくとても人気があります。東向きは午前中、南向きは日中、西向きは午後に日が当たりますので、東西南北の方角で一番人気があるのはやはり南向きです。しかし、南向きに拘らず自身の生活リズムに合わせて、お部屋を選ぶようにしましょう。例えば、家賃を押えたい人は北向き、夜勤がある仕事をしている人は朝日が入らない西向きなどがお奨めです。また、南向の賃貸物件でも目の前に建物等があると日当りが悪い物件もあるので、現地見学をして確認しましょう。

退去の連絡はいつごろ、どこにすればいいのですか?

お住まいの物件の契約内容によって異なりますが、通常は1ヶ月~3ヶ月前に管理会社もしくは貸主へ連絡します。アパートの契約は通常2年契約がほとんどですが、満了する2ヶ月~3ヶ月前に管理会社もしくは貸主より更新のご案内や解約の通知書類が送られてきます。更新する場合は更新書類を、退去する場合は解約通知の書類を返信してください。

ベランダ、バルコニー、テラスの違いは?

一般的には、ベランダは2階以上にあり、住戸から外に張り出していてある程度の雨風をしのげる屋根のあるスペースを指します。バルコニーはベランダと同様のスペースですが、異なるのは屋根がないことです。また、ルーフバルコニーと呼ばれるものは、下の階の屋根を利用したもので、通常のベランダやバルコニーよりも広いケースが多くみられます。テラスは一戸建て住宅、または専用庭のあるマンションの1階に造られます。

間取りの数字とアルファベットの意味は?

数字:居室の数を表しています。
1Kであれば居室1部屋とキッチン、2LDKであれば居室2つにLDKというお部屋になります。
アルファベット:部屋の性質や用途を表しています。
Rはルーム、Lはリビング(居間)、Dはダイニング(食事室)、Kはキッチン(台所)という意味です。
DKは「ダイニング・キッチン」となり、食事するスペースとキッチンが一体になっている部屋をさします。
LDKは「リビング・ダイニング・キッチン」となり、DKにリビングの機能が加わった部屋のことです。
LDKはくつろげるスペースを確保するために、DKよりも広めに設計されていることが多いです。
また、Rは居室とキッチンが仕切られていない部屋のことで、1Rであれば「間仕切りのない一つの空間」ということになります。

保証会社って何?

最近は家族や親戚に連帯保証人を頼みづらい、親が高齢や無職などで頼めないなど、連帯保証人を立てることのハードルが高くなってきました。そこで、お金を支払うことで連帯保証人の代わりをしてくれる、保証会社を利用するケースが一般的になりつつあります。
賃貸保証会社を利用すると、初期費用は増えますが、連帯保証人を立てる必要がなくなることで、気苦労や手続きの手間も少なくてすみます。ただし、連帯保証人を頼める人がいる場合、賃貸保証会社への支払いが不要なこともあるので、物件ごとにどんな決まりになっているのか確認しましょう。

借りるまでの簡単な流れを知りたい!!

①     お申込み・・・・・指定の申込書に必要事項を記入します。
            お申込みされる方の身分証のコピーをいただくことがございます。
②     審査・・・・・・・管理会社又は貸主が申込内容を確認し、入居の可又は不可を決めます。
③     契約・・・・・・・重要事項の説明、契約金の支払、契約書への署名押印をします。
④     鍵の引き渡し・・・引渡日又は前日に鍵を受け取ります。
⑤     引越・入居・・・・お引越し完了です☆

合鍵は作ってもいいですか?

合鍵は自費で自由に作成していただくことが出来ます。
引渡しの際に鍵を預かるので、その鍵を使って作成します。

合鍵は鍵屋さんの他に、ホームセンター等でも作成できますが、本キーから作成せず、合鍵から合鍵を作成する場合、お店から作成を断られたり、作成できても最悪の場合、開錠できない場合もありますのでご注意ください。
退去の際には、契約時に預かった鍵と合鍵の全てを返却することになります。
最近では、ディンプルキーという複製しにくい特殊な鍵もありますので、管理会社や不動産会社に依頼してください。

DKとLDKの違いは?

DK(ダイニングキッチン)とは、台所と食堂の機能が一室に存在している部屋で、
LDK(リビングダイニングキッチン)は、DKに居間が加わった台所・食堂・居間の機能が一室に存在している部屋になります。
主な違いは、その一室の中に居間の機能があるかないかということです。
DK・LDKとも、最低限必要な広さの目安が公正取引協議会にて下記の通りに定められています。

居室・寝室が 1部屋           DK  4.5畳        LDK   8畳
       2部屋以上         DK     6畳          LDK 10畳

退去時にも費用が掛かるのですか?

退去の際には物件の原状回復をする必要があります。原状回復にかかる費用は契約時の敷金から精算されます。敷金でまかなえない場合は別途費用が必要になることもあります。賃貸借契約書に記載されていますので確認してみましょう。

原状回復ってなに?

退去時に、借りた部屋を契約時の状態に戻す事です。原状回復をめぐるトラブルは多いためガイドラインが設けられています。経年劣化や自然損耗は元の状態に戻す必要はありませんが、契約者が破損したもの(フローリングの傷や、壁紙の汚れなど)は原状回復をする義務があります。

「新築」の基準は?

「新築」と表示できるのはその建物が建築後1年未満であって、かつ、未使用のものにかぎります。このため、建築後1年未満であっても使用された建物は新築とはいえません。